カードローンの主たる3つの特長

金融会社が提供している商品の1つに、カードローンがあります。その名称通りカードを用いる商品になりますが、それには主に3つの特徴があります。

promisu

専用のカード

まず1つ目は、そのカードはあくまでもキャッシングだけに利用する点です。カードを用いる商品には、他にはクレジットカードがあります。そのタイプのカードの場合は、買い物で用いるケースがほとんどです。いわゆるショッピングの為に、そのカードを使う事になります。ところがカードローンの場合は、ショッピングの機能はありません。あくまでもキャッシングの為にそれを使う事になるのが、その商品の特徴と言えます。

低めの金利

そして2つ目の特徴ですが、前述のクレジットカードに比べると金利が低めになっている点です。クレジットでもカードローンでも、必ず金利は発生する事になります。ところがその2つには大きな違いが一つあって、カードローンは金利が比較的低めに設定されているのです。
金利というものは、明らかに金融会社に対して支払う手数料になります。手数料は、できるだけ低めになっているに越した事はありません。ですのでお金を借りる時のコストを低く抑えたい方にとっては、カードローンはメリットが大きいとも言える訳です。

また銀行系のカードローンであれば、銀行法の適応により総量規制である年収に関係なく借入することが可能です。

総量規制対象外という事は、無収入の人でも借りられる、或いは年収の3分の1以上の金額でも借りられるという事です。

引用:総量規制対象外ローンガイド|年収3分の1以上でも借りれる

融資スピードが速い

そして3つ目のメリットですが、手続きが比較的速やかに完了するケースが目立ちます。カードローンの場合は、申し込みをしたその日の内に借りる事ができるケースも珍しくありません。いわゆる即日で振り込まれる商品なども、数多く見られる訳です。
ところがクレジットカードの場合は、色々な事情によって多少振り込みが遅くなる傾向があります。ですので融資に対してスピードを求めている方々にとっては、カードローンの方がメリットが大きい訳です。

続きを読む

総量規制対象外や例外になるキャッシングについて

最近増えてきたキャッシングやカードローンですが、これらは保証人や担保を必要としないローン契約の一種です。ただし、保証人や担保を必要としないからと言って誰でも借りられるという訳ではなく、審査はもちろんありますし法律による規制も存在します。その法律の規制の一つが総量規制です。

pdk

総量規制というのは簡単に言えば「年収の一定額までしか借りられないようにする」という法律で、貸金業法によって運営されている会社はすべてに適用されます。ここでポイントになるのが「貸金業法」であるという事で、貸金業法では無くて銀行法によって運営される銀行のキャッシングなどは総量規制対象外となります。

なので総量規制対象外になる銀行の子会社化する消費者金融なども多いですし、クレジットカードなどでもキャッシング業務を銀行に委託していると総量規制対象外となります。

また総量規制対象外になるという訳ではないのですが、キャッシングでもその目的や契約条件によっては総量規制の例外として扱われることがあります。

例えば、最近増えてきた借り換え目的のキャッシングなどの「利用者が一方的に得をする契約」や「病気や怪我などの医療費」のように利用者側の特になる物は例外として総量規制の影響を受けません。これは元々総量規制が「契約者の保護」を目的として作られているという所から来ているためです。

またキャッシングとは条件が異なってくるのですが、契約の際に担保や保証人が存在するのであれば例外となる規定があります。なので専業主婦や学生など収入が無い人間でも、親族などが保証人となれば借りる事ができます。

続きを読む

海外在住者に朗報なクレジットカード

海外在住者にとって常に年頭においておかなければならないのは、日本円をどのように現地のお金に換金するかという事です。
もちろん日本円を現金で持っていって、海外の銀行で換金することも可能ではありますが、それでは危険が伴いますし、手数料も非常に高くなってしまいます。
そこで日本であらかじめ作っていた、即日振込対象となるクレジットカードは大変助けになってくれます。

kdp

クレジットカード利用が可能なATMであれば、いつでもどこでも即日融資可能ですので、対応する店舗を探し回る必要もありませんし、キャッシュカードからお金を引きおろす感覚でお金を借りることが出来ます。金額は申し込み時の状況により異なりますが、某クレジット会社では最低でも15万円即日融資可能です。

即日振込対象となるクレジットカードの利点はその後の返済に関してです。通常であれば、翌月の引きおろし日まで利息が計算されてしまい、すぐにでも返済するお金はあるのに引きおろし日まで待たなければならないのですが、この類のクレジットカードは即日振込が可能ですので、高い利息を払う心配をする必要がなくなります。

クレジットカード会社の会員向けインターネットサービスで、営業日の2日後程で反映されますので、入金手続きを行えば約2日分の利子で済んでしまうというわけです。

ただ注意点をあげるとすれば、この即日振込対象となるクレジットカード、とても都合がよい分、利息は通常より高い設定になっています。もし即日融資を受けた後、そのまま振込を忘れてしまった場合、大変な金額になってしまいますので、十分な注意が必要でしょう。

続きを読む

即日融資でいくら借りるのがいいのか? と借入限度額の注意点

即日融資ができる金融機関や消費者金融というのは増えてきていますが、即日融資となりますと、やはりイメージとしては
多くの金額を借りることは一気にはできないイメージがあります。

いきなりお金を貸してくださいといって、お金を多く貸してくれる人なんて想像がつかないのと一緒であります。

では、どれくらいの金額だったら即日融資でお金を借りることができるのでしょうか?

ojdn

結論から言いますと、消費者金融が認めた借入限度額いっぱいまで即日融資をすることは可能です。

もちろん、借入限度額というのは借り手側の収入などによって変化するものですので、即日融資の金額は変化が出てくるでしょう。

また、即日融資というようなことをすることによって若干ではありますが、借入限度額にも影響が出てくる可能性もあるでしょう。

ですが、即日融資だからといって借入限度額までお金をいきなり引き出せないというようなことはありませんので、
即日融資では、借入限度額までお金を借りることはできるのであります。

ですが、注意しなければならないこともあります。

借入限度額の設定を大きくすれば、その分貸し手側は返済可能性があるかどうかを審査するために時間をかけてくる可能性があります。

そうなると、即日融資のために審査が終了するまでの時間がかかってしまって、即日融資ができなくなってしまうような可能性があります。
そうなると、即日融資ができなくなってしまいますので、借入限度額はできる限り審査がすぐ通りやすいような金額で
限度額を設定しておくことが重要となることでありましょう。

続きを読む

キャッシングやカードローンの利用について

大きな買い物をする場合や突然の出費が必要になってしまうといったことはいつなんどき訪れるかわかりません。

そういった時のために頼りになるキャッシングやカードローンの利用について考えておくのは悪いことではありません。常に準備は必要なことです。

まずキャッシングやカードローンは即日融資できるのかということですが、結論から言えばできます。もちろんそれには必要な審査がありますが即日融資は基本的にできます。

カードローンを例に取り、近年よく利用される方法ですと、ネットで希望するカードローン会社を選択し、サイトから必要事項を入力して審査を待ちます。

uhasi

その後メールや電話などでカードローンの審査に関しての回答があり、審査に通ると即日融資されることになります。ですのでいつ何時にお金に困っても、こういったサービスがあるということは知っていれば安心ですので、損はありません。

 

また、クレジットカードでのキャッシングも即日融資が可能です。この利用方法は自分のクレジットカードにキャッシング枠を設定していることが前提となりますが、利用するには銀行やコンビニのATMで利用できます。操作方法は通常の預金引き出しができる方ならすぐに出来ます。

skoj

ATMで使用できる該当のクレジットカードを挿入し、融資額を決定後、暗証番号を入力すればこちらも即日融資が可能です。クレジットカードをすでに持っている方でキャッシング枠を設定しているなら再度審査もありませんのでスピードと言える点ではこちらが有利です。

しかし利用するにあたっては金利なども確認しなければなりませんし、返済時期も決めなければいけません。大きなお金を借りる場合はキャッシングではなくカードローンを利用するなど計画的な利用が必要です。

続きを読む