カードローンの主たる3つの特長

金融会社が提供している商品の1つに、カードローンがあります。その名称通りカードを用いる商品になりますが、それには主に3つの特徴があります。

promisu

専用のカード

まず1つ目は、そのカードはあくまでもキャッシングだけに利用する点です。カードを用いる商品には、他にはクレジットカードがあります。そのタイプのカードの場合は、買い物で用いるケースがほとんどです。いわゆるショッピングの為に、そのカードを使う事になります。ところがカードローンの場合は、ショッピングの機能はありません。あくまでもキャッシングの為にそれを使う事になるのが、その商品の特徴と言えます。

低めの金利

そして2つ目の特徴ですが、前述のクレジットカードに比べると金利が低めになっている点です。クレジットでもカードローンでも、必ず金利は発生する事になります。ところがその2つには大きな違いが一つあって、カードローンは金利が比較的低めに設定されているのです。
金利というものは、明らかに金融会社に対して支払う手数料になります。手数料は、できるだけ低めになっているに越した事はありません。ですのでお金を借りる時のコストを低く抑えたい方にとっては、カードローンはメリットが大きいとも言える訳です。

また銀行系のカードローンであれば、銀行法の適応により総量規制である年収に関係なく借入することが可能です。

総量規制対象外という事は、無収入の人でも借りられる、或いは年収の3分の1以上の金額でも借りられるという事です。

引用:総量規制対象外ローンガイド|年収3分の1以上でも借りれる

融資スピードが速い

そして3つ目のメリットですが、手続きが比較的速やかに完了するケースが目立ちます。カードローンの場合は、申し込みをしたその日の内に借りる事ができるケースも珍しくありません。いわゆる即日で振り込まれる商品なども、数多く見られる訳です。
ところがクレジットカードの場合は、色々な事情によって多少振り込みが遅くなる傾向があります。ですので融資に対してスピードを求めている方々にとっては、カードローンの方がメリットが大きい訳です。