総量規制対象外や例外になるキャッシングについて

最近増えてきたキャッシングやカードローンですが、これらは保証人や担保を必要としないローン契約の一種です。ただし、保証人や担保を必要としないからと言って誰でも借りられるという訳ではなく、審査はもちろんありますし法律による規制も存在します。その法律の規制の一つが総量規制です。

pdk

総量規制というのは簡単に言えば「年収の一定額までしか借りられないようにする」という法律で、貸金業法によって運営されている会社はすべてに適用されます。ここでポイントになるのが「貸金業法」であるという事で、貸金業法では無くて銀行法によって運営される銀行のキャッシングなどは総量規制対象外となります。

なので総量規制対象外になる銀行の子会社化する消費者金融なども多いですし、クレジットカードなどでもキャッシング業務を銀行に委託していると総量規制対象外となります。

また総量規制対象外になるという訳ではないのですが、キャッシングでもその目的や契約条件によっては総量規制の例外として扱われることがあります。

例えば、最近増えてきた借り換え目的のキャッシングなどの「利用者が一方的に得をする契約」や「病気や怪我などの医療費」のように利用者側の特になる物は例外として総量規制の影響を受けません。これは元々総量規制が「契約者の保護」を目的として作られているという所から来ているためです。

またキャッシングとは条件が異なってくるのですが、契約の際に担保や保証人が存在するのであれば例外となる規定があります。なので専業主婦や学生など収入が無い人間でも、親族などが保証人となれば借りる事ができます。